64485 normal 1504791121 swkobe

Startup Weekend 神戸@起業プラザひょうご

2017-10-20(金)18:00 - 2017-10-22(日)21:00

起業プラザひょうご(10月中旬オープン予定)

兵庫県神戸市中央区雲井通5-3-1 サンパル6F

高橋 泰志 松池亨典 広高幸信 Takuma  Horikawa 相馬裕貴 + 10人の参加者
申し込む
あと15人参加できます。
【三日間】学生 チケット(早割)9/30 23:55まで
3,000円 前払い
申込締切 9月30日 23:55
【三日間】学生 チケット(通常)10/20 17:55まで
4,000円 前払い
申込締切 10月20日 17:55
【三日間】社会人チケット(早割)9/30 23:55まで
5,000円 前払い
申込締切 9月30日 23:55
【三日間】社会人チケット(通常)10/20 17:55まで
6,000円 前払い
申込締切 10月20日 17:55
【最終日】発表見学+懇親会参加チケット
1,000円 前払い
申込締切 10月22日 15:00
5食(金曜日の夜、土曜日の昼と夜、日曜日の昼と夜)が付きます。またキャンセルに伴う返金は、10月13日(金)23:55まで受け付け致します。Paypal手数料を引いて全額返金します)それ以降は食事人数の確定等により返金出来かねますのでご了承ください。 ※ 参加につきましては、3日間全てが望ましいですが、諸事情などで一時的に抜けるケースもございますので、もし開催中の抜けれない用事があり検討されている方も、是非ご参加ください。

◆新規事業を立ち上げる起業体験イベント!

全世界で「起業家を生み出す場」として認められた「Startup Weekend(SW)」神戸市へ上陸が決定いたしました!

新規事業を立ち上げたい方!
起業体験を積みたい方!
仲間を集めたい方!
スタートアップに興味ある方!
一歩先へと歩みを進めてみませんか?
この週末が、あなたの人生を変えるきっかけに!

◆スタートアップウィークエンドってなに?

スタートアップウィークエンド(SW)とは、あたらしいなにかをつくりだす「スタートアップ体験イベント」です。週末だけであなたは、アイディアをカタチにするための方法論を学び、スタートアップをリアルに経験することができます。

SWは一日の夜、みんながアイディアを発表するピッチから始まります。そしてハスラー・ハッカー・デザイナーでチームを組み、日曜の午後までに、ユーザーエクスペリエンスに沿った必要最小限のビジネスモデルを一気に作り上げます。ハスラーはマネジメントと顧客開発を、ハッカーは機能の開発を、デザイナーは使いやすいデザインを担当します。

特定の知識・スキルがなくとも、アイディアがあれば問題ありません。勿論、アイディアがなくともエンジニア・デザイン・マーケティングなどとしてのスキルがあれば、チームで活躍することができ、プロダクトを作成し、スタートアップをリアルに体験することができます!実際にイベントでは、エンジニア・デザイナーがキーマンとなっているケースもあります。実は過半数の方々が一人で初めて参加する方々です。初めての方でも心配はいりません。

gsb
※過去のStartup Weekend の様子

◆スタートアップウィークエンド当日について

三日間で54時間かけて開催されるスタートアップウィークエンドでは、5食をドリンク付きでご用意しています。会場は朝10時から夜21時まで開いており、Wifiが提供されます。(深夜早朝は会場が使えません。帰宅して休むかご自身で場所を確保してください。)

◆審査員

新規事業を評価される審査員(ジャッジ)のご紹介です。

横山 剛

SRCグループ
Kiss FM KOBE(兵庫エフエム放送株式会社) 代表取締役社長 兼 グループ会長
yokoyama

甲南大学文学部卒、神戸大学大学院経営学研究科修了 (MBA)、同博士課程後期に在学中。近畿大学 流通科学大学 神戸芸術工科大学 非常勤講師、神戸学院大学 客員講師。神戸市「デザイン都市・神戸」創造会議委員。大学3回生時に起業。以来、地域に特化した5社6事業を立ち上げ、地元放送局の事業再生も手がける。また現在も引き続き『学生起業家』として新規事業に挑戦しつつ地域の若者教育と起業家支援にも力点を置く。学術領域における専門はマーケティング、主な研究領域は事業創造論、メディア論、サービスマネジメント論など。好きな学問は西洋哲学と心理学。自称「愛」研究家。

村上 豪英

神戸モトマチ大学 代表
一般社団法人 リバブルシティイニシアティブ 代表理事
株式会社 村上工務店 代表取締役社長
murakami
1972年兵庫県生まれ。1995年京都大学理学部卒業。97年同大学院理学研究科生態学研究センター修了。シンクタンクに勤務後、株式会社村上工務店に入社し、2012年より代表取締役社長。2011年より神戸モトマチ大学を設立・主宰。2015年より神戸の都市公園である東遊園地を市民主導で育てる社会実験「アーバンピクニック」を開催。

福田 博一

株式会社ロックオン 取締役副社長
fukuda
1999年に立命館大学経営学部を卒業後、日立金属株式会社に入社。2002年に株式会社ロックオンに参画し、アドエビスの開発指揮を執った後、EC-CUBEの事業責任者として国内No.1シェア獲得と収益化を実現。その後3年間、東京支社責任者として営業拠点の拡充に注力後、現在は大阪で開発担当取締役を務める。2014年9月マザーズ上場。

◆コーチ(順不同)

新事業のメンタリングを担当されるコーチのご紹介です。

岡田 充弘

クロネコキューブ㈱、カナリア㈱、ウズラ㈱ 代表取締役
okada
日本電信電話、プライスウォーターハウスクーパース、マーサージャパンを経て甲南エレクトロニクス㈱にマネジメントディレクターとして参画。事業再編、ブランド構築、プロセス改革、ワークスタイル改革、オフィス改革など、短期間に多くの改革を実行し過去最高益を達成、カナリア㈱に商号変更すると同時に代表取締役に就任。その後、謎解きイベントの企画会社クロネコキューブ㈱、デザインファームのウズラ㈱を設立し、いずれも代表取締役に就任。現在3社を率いながら、テクノロジーとクリエイティブが融合した野生企業群を創ることを目標に、日々実験と挑戦を繰り返している。また、多くの企業や団体でアドバイザーを務め、起業支援や若手人材の育成にも精力的に取り組む。著書には、身軽で高速の仕事術をつづった「残業ゼロ! 時間と場所に縛られない クラウド仕事術 」や自立型組織の仕組み作りを描いた「あなたがいなくても勝手に稼ぐチームの作り方」他がある。

大山 雄輝

株式会社フェイスクリエイツ CEO
oyama
1980年生まれ。三重県出身、神戸市在住。小学生の頃からプログラミングを始め、インターネットとともに青春時代を過ごす。2009年に株式会社フェイスクリエイツを設立し代表取締役に就任。自分たちで自分たちに必要なものや仕組みをつくっていく「創造社会」を目指し 、仲間とともに様々なコミュニティーを立ち上げる。2015年に自社サービス「RALLY」をリリース。地域活性化サービスとして全国から注目を集める。

赤澤 夏郎

株式会社プレンプロジェクト 代表取締役
akazawa
2004年に精密金属加工メーカー、株式会社システクアカザワに入社後、社内でロボットベンチャーを立ち上げ、ロボット開発をスタート。2006年8月に自社のロボット製品である小型2足歩行ロボット「PLEN」を開発、発売。その後ロボット開発をメインに、大阪ハイテクノロジー専門学校ロボット学科の設立や、ロボット教育のための教育コンテンツ開発などに携わる。2015年から開発を始めた、オープンソース&プリンタブルをコンセプトとした「PLEN2」はKickstarterでの資金調達に成功し、2016年より量産、販売開始している。2016年より普及型のパーソナルアシスタントロボット「PLEN Cube」を日米のクラウドファンディングによる資金調達を成功させ、2018年のリリースに向けて開発中。

山本敏行
ChatWork株式会社 CEO
yamamoto

1979年3月21日大阪府寝屋川市生まれ。中央大学商学部在学中の2000年、留学先のロサンゼルスにて中小企業のIT化を支援する株式会社EC studioを創業し、2004年法人化。2011年にクラウド型のビジネスチャットツール「チャットワーク」サービスを開始。2012年に社名をChatWork株式会社に変更し、米国法人をシリコンバレーに設立。自身も拠点をシリコンバレーに移し、日夜マーケティング活動に奔走している。

◆ファシリテーター

Takuto Nakamoto
Nakamoto
Facilitator
神戸大学発達科学部卒業後、NPO法人や教育法人などでファシリテーションに従事。その後にStartupWeekendに参画し、北海道から沖縄まで全国にて起業家育成、企業のイノベーション促進を手掛けている。またスタートアップを切り口に震災復興・街づくり・海外進出支援にも取り組んでいる。

◆リードオーガナイザー

松村 亮平

NPO法人コミュニティリンク 理事/CTO
matsumura
大学卒業後、株式会社ロックオンに入社し、アドテクノロジー分野のエンジニアとしてインフラから開発、プロジェクトマネジメントまで幅広い経験を積んだ後、フリーランスとして独立。フリーランス時代に日本の各地域をまわり、「地域 × IT」の可能性を感じ、NPO法人コミュニティリンクに参画。シビックテックエンジニアとして、地域とITの新しい形、地域とスタートアップの新しい形を模索、推進している。

◆スポンサー

開催にあたり、以下のスポンサー様からご支援をいただいております。

TIS株式会社
TIS

NPO法人コミュニティリンク
link

弥生株式会社
yayoi

◆後援

開催にあたり、神戸市様からご支援をいただいております。
kobe

スケジュール

10月20日 (金) 10月21日(土) 10月22日 (日)
06:00pm 受付開始 10:00am Startup!! 10:00am 3日目開始
06:30pm 懇親会 10:00am ファシリテーション 12:00pm 昼食
07:00pm ファシリテーター挨拶 12:00pm 昼食 03:00pm プレゼン前のテックチェック
08:00pm 1分ピッチ 02:00pm コーチング 05:00pm 最終プレゼン
08:30pm 話し合いと投票 06:30pm 夕食 06:30pm 審査発表
09:00pm チーム作り 09:00pm 2日目終了&帰宅 07:00pm パーティー
09:30pm 1日目終了&帰宅 08:30pm 3日目終了&帰宅!

◆プレイベントのご案内

本番に先立ちまして、よりスタートアップを理解できる機会をご用意いたしました。
参加費無料で開催いたしますので、是非ともご活用ください。
10月9日(月・祝)17:00~19:00 @ Startup Cafe Osaka
https://swkobe.doorkeeper.jp/events/64920

◆NPO法人Startup Weekendについて

発祥は2007年、アメリカのシアトル。その後、急速に世界中へ広まりました。これまで「ニューヨーク、ロンドン、パリ、マドリード、台湾、マニラ、東京」など世界1,500都市にて36万人以上が参加、45,000以上のスタートアップがここから生まれました。また、グローバルスポンサーとして、Googleなどともに一緒に活動しています。日本では特定非営利活動法人(NPO)として活動しており、東京のほか、北海道から沖縄まで全国各都市で開催。都市毎に有志のボランティアメンバーでオーガナイズされています。

http://nposw.org/
Startup Weekend http://startupweekend.org/

◆ご参考

東京圏で開催したStartup Weekendの参加者の声をご紹介いたします。
3日間の流れやチームの動きや気付き学びがわかりやすく書かれています。

・SWって何をするところなのか?
・結局なにが学べるのか?
・3日間でどれだけのことができるのか?

そういった疑問を解決できる記事かと思いますので、
是非ともご一読いただけると幸いです。

http://akb428.hatenablog.com/entry/2016/05/25/033832

Notice !
We'll do it in Japanese and English as usual.
(Facilitator will speak in Japanese mainly.)

コミュニティについて
Startup Weekend Kobe

Startup Weekend Kobe

Startup Weekend 神戸コミュニティです。 Startup Weekend(スタートアップ・ウィークエンド)は、全世界で4,500回以上開かれ、36万人以上が参加しているスタートアップ実践イベントで、金曜日の夜から日曜日までの54時間で仲間づくりをしながらアイデアのプロトタイプを作りあげる起業のコミュニティです。スタートアップウィークエンドは国際的なNPO組織の名前でもあります。...

コミュニティに参加